熱海梅園

広大な園内に遊歩道や滝がつくられており、早春には日本一早咲きの梅、夏は渓流でホタル鑑賞、秋は日本一遅い紅葉と、四季折々の自然が楽しめます。梅まつりは1月中旬から、もみじまつりは11月下旬からおこなわれております。
当ホテルグループを運営する株式会社大塚商会の創業者(現相談役名誉会長)大塚実が、熱海の大切な観光資源である「熱海梅園」の木々の樹勢が衰え、花付きが悪くなってきたことを憂い、私費を投じ再生に取り組んでまいりました。
まず初めに、樹勢が衰えた木や密集して植わる木々を間引きすると共に、太陽を遮っていた木々を伐採し、梅の生育環境を改善しました。そして、新たに早咲きの梅を中心に植樹しました。ほかに、カンツバキ、センリョウ、ドウダンツツジなどの低木を植えるなど、今までにない楽しみも多彩になりました。 おかげさまで園内は明るくすっきりとし、「梅の香りがよくなった」とのご意見もいただいております。
また秋の紅葉をさらに彩るためモミジも多く植樹し、今では遅い秋を楽しみに多くの方がおとずれています。

春は日本一早咲きの梅

秋は日本一遅い紅葉

地図

地図

Google Mapで地図を見る

スポット概要

住所
静岡県熱海市梅園町1169-1
電話
TEL.0557-86-6218(熱海市観光経済部観光施設課)
交通
熱海駅より「相の原」方面行きバスにて約15分→「梅園」下車→徒歩約2分
入園料
無料 ※イベント開催期間中は有料となります
駐車場
専用駐車場有り

第32回熱海梅園もみじまつり

2018年11月17日(土)~12月9日(日)
10:00~16:30 (ライトアップ16:30~21:00予定)
入園料:無料

園内には380本の楓(かえで)があり温暖な気候のため11月下旬から12月上旬が見ごろとなります。そのため「日本で最も遅い紅葉」と言われています。

第75回熱海梅園梅まつり

2019年1月5日(土)~3月3日(日)
日本一早咲きの梅と言われる「熱海梅園」の梅が咲くころ開催されます。梅まつり期間中は催しも多く行われ地元の方や観光客で賑わいます。

ご注意

  • 2018年5月現在の情報です。詳しい情報は各施設にお問い合わせください。
  • 土日祝日は大変混み合います。

熱海市観光協会

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-803-532

受付時間 9:00~19:00

ページトップに戻る